【あすなろ帖】創作・趣味と読書・あの世と宗教のお話

創作は童謡と詩。趣味は音楽鑑賞や折り紙。読書は哲学・宗教・小説・コミック等々。あの世の話や、また仏教・キリスト教・神道・新宗教等々、まだまだありますが、50年近く私の学んで来た事をご紹介したく思います。2019/10/5

「エクソシスト」と悪魔って何?

梨木香歩さん原作の映画「西の魔女が死んだ」を見たのは何年前だったでしょうか? 気に入って原作もすぐに読みました。するとこんな場面がありました。


小学生の主人公のまいは、お祖母さんに尋ねます。悪魔って本当にいるのと。するとお祖母さんは「います」と言下に答えます。曰く。

悪魔はそこらじゅうにいて人間を狙っている。そしてヘタに瞑想などをして精神が朦朧とした人間などを支配する。そうならない為には意志を鍛えるしかない、と。

私は梨木さんの本はまだ3冊いないので、まだ作者の思想を全て知ってはいないのですが、この一節だけを読んでも真実をよく分かっている人のように感じました。

悪魔と梨木香歩で検索すると『エンジェルエンジェルエンジェル』という小説もあって、こちらは悪魔についてもっと詳しく書かれているらしいと分かりました。また読んでみたく思います。
ただし、生きながらにして悪魔になってしまうような人もあるでしょうが、そののちに自分の所業を振りかえりつつ孫に語るという話のようです。悪魔が自分の所業を振りかえるということはあまりない筈で、そこがフィクションたるところかと思うのです。
ふつう悪魔とは一切反省や懺悔の出来なくなっている者のことを言う筈でから。

さて現在、コロナの影響で映画の公開が制限されている中で、珍しくもヒットして、様々なランキングで1位になっている映画があります。『心霊喫茶エクストラの秘密』は副題が「ザ・リアル・エクソシスト」であり、まさに悪魔払いがメインテーマです。
悪魔のことに限らず、目に見えない世界について少しでも関心のある人には、まさにお薦めの映画です。


昨日この映画のヒロイン役の千眼美子さんのブログを読んでいたら、こんな意味の感想が書かれていました。
彼女が思うのに、世間には様々な人がいるが、どんな人であれ眠りにつく時は、元々の良い顔に帰っていると信じたいというのです。成る程なあと思う半面、では彼女が演じているような悪魔払いの人はどうなのかとも思いました。悪魔というのはもう人間として生まれて来ることさえも出来なくなっていると、私は教えられています。彼等にはもう赤ん坊のような純粋な寝顔もある筈もないと思います。
悪魔のような存在が現実にあると認めることはつらいことだとも思いますが、それもやむを得ないことでしょう。
このことについては、また書いてみたく思います。

千眼美子さんについては、映画のエピソードなども興味深かったのですが、たまたま見たのは過去の事務所をやめた事情などを語った記事で、その中に先のようなことが書かれていました。
基本的には、人間の本質は善であるという信念から来るものでしょうし、その信念は正しいものだと私も思います。

点と線(折り紙について)・メモ

これは趣味に関してのメモ。個人的なものです。

折り紙が好きで、メモをとることがある。そんな時、よく点や線を表記することがある。筆記具を使えばよいのだが、紙を折るという方法もある。点ならば折り線の交点ということになる。
では、折りによるのと。筆記具によるのとの違いはどうなのか。それに関して考えてみた。

一一一一一一一一
目はものの位置を色の違いによって認識している。線ならば2色が隣り合っていればそれと分かる。このとき線の幅は無くてゼロである。
紙を折って平面に戻さない場合、隣り合った面はしばしば明るさが違うので線が分かる。このとき線には幅はない。(平面にすると線だけが色が違うのでそこに微かに幅があるのだろうが、微々たるものだ。)

折り紙には精密な折り線が必要だが、この場合の線には幅などはない方が望ましい。サインペン等の筆記具だと幅があるので正確さに欠ける。やはり、折り線は折りそのものによって記録しておくのが最良ということになろうが、それでは目立たないので筆記具をも使うということになるだろう。

点については、上にも記したように、折り線の交点で現せるが、これは次なる作業をも容易にする。中割り折りというのが簡単に出来るので、この点を通る線を正確に増やせるということだ。

新たに始めたブログ(その1)

今日から新たなブログを始めました。
他にも予定しているブログはあるのですが、まずはその第一のもの。これには私の一番の本音を語っていくことになるでしょう。
ひとつの宗教に特化したブログですが、真理というものはすべてに共通しています。
幸福の科学に限らない普遍的な、あるいは日常的なことなども語るつもりです。
現在のこのブログは、あまり更新しないことになろうかと思います。
読者の方などで引き続き興味のおありの方は、新たなブログもお読みいただければ、幸いです。
その他に予定中のブログについては、また書きます。

幸福の科学の一信徒の手記」https://www.happy.taiko888.info/

新しいブログについて

現在、新しいブログを複数、立ち上げるべく準備中です。
今のこのブログは当初の企画とは違って、詩の投稿が多くなったので、詩だけのブログとしてこれからも続けていきます。

新しいメインのブログのテーマは、読書ノート、又は映画の感想などになろうかと思います。
あとは、宗教や思想についてのブログ、幸福の科学に特化したブログなどになりましょう。
「愛」というテーマだけに絞ったブログも作りたいと思いましたが、どうなりましょうか。

またご報告します。

人間関係の悩み、あらゆる悩み、解決の道は? | 自己啓発の道

人はどんなことで悩むのか、ということを思います。

悩みで一番多いのは、人間関係の悩みかとも思います。

ひとの心や態度が不満でどうにかならないかと思うのでしょうが、結局ひとの心を変えさせることは出来ず、それが悩みになるものかと思うのです。
他人の心は支配できないならば、事態を変えるには自分自身が、自分の心が変わるしか道はない筈だと、私は思います。
仮にどんな人に遭遇しようとも悩みを作らない人とは、結局それだけの度量の大きな人であろうと思うのです。

結局、全ての出会いとか全ての経験において悩まなくて済むためには、自分自身が変わらなくてはならないのだと思うのです。
それは偉人を手本とし、日々に自分を高めていく道です。
この道は人生の究極の道であり、終わりのない向上の道だと思えるのです。

一一一一一一一一

どんな人の悩みにでも応えて、誰をも、万人を幸福にするような答を与えてくれる人が居るだろうかと言えば、居ますと私は応えます。
あらゆる人間に応え得るという事は、結局、人間の本質に深く精通するということでしょう。

この点では例えば釈尊などは達人だったものと思います。
私の師事する幸福の科学の、大川隆法先生にしてもそうだと考えるものです。

今、大川先生の長男である人が、親を裏切り教団からも離れて、嘘八百を並べ立ててYouTube等で発言し、また出版なども計画しているようですが、本当に情けない限りです。
幸福の科学に少しでも興味のある方は、惑わされないようにお願いしたく存じます。

熱のない文章はうける筈がない!(私が総合ブログは作れない訳とは)

熱のない文章というのは人の心に伝わらず、冷えていることはそれとなく伝わって、読む人をしらけさせるのではないかと思うものです。

文章は人をあらわすと言いますが、どんな文章にも人の心は顕れるものだと思います。


ブログ等のPVアップのためにには、キーワードを選んでそれに合わせた記事を書くのが王道ということになっているようです。
しかし、こういう傾向に私が合わせていけるかというと、疑問だという事も多いのです。

例えば芸能人の最新の話題などは万人にうけるのでしょうが、誰それが浮気したなどという事は私は興味もないし、そんなことで記事を書きたいとも思いません。

そして、アフィリエイト等の集客の為だからと割りきって書いたとしても書いている本人が白けている文章が人受けするとも思えないのです。

こういう私の心理は、万人うけする話題を最良とする風潮とは折り合いのつかないものなのか、それとも何らかの折り合いの道もあるのか、考えているところなのです。

うけるネタならば何でもありとなると、ジャンルを問わない総合ブログが良いということになるかも知れません。
実際それを奨めている人もいるようです。
しかし、自分の個性を打ち出した特化ブログによって集客している人も数多い筈です。これなら、自分の嫌いなことや興味のないことは、初めから除外すれば良いだけの話です。
ゴシップ等に類する話題が好きな人は来ないとしても、他の需要のある人を対象にしてもまたアクセスアップの道はあるだろうと思います。
やはり私の場合、今後にブログを作るにしても、特化ブログにするしかないという気がします。

中山美穂、岡潔、小林秀雄、かまやつひろしの名言

今日も、3月1日に関係した人達の名言を集めてみました。

タイトルに挙げた4人の他にも、人名と「名言」で検索すると該当するサイトが見つかった人はまだまだいますが、全部はとても見る時間がありませんでした。

タイトルの人も含めて、次のような人達がそうです。

[3月1日生まれ]
ハリー・ベラフォンテ、芥川龍之介井上裕介、江川晴、大沢周子、岡本かの子奥野香耶菊田一夫常磐新平、中山美穂和辻哲郎

[3月1日に死去]
岡潔かまやつひろし小林秀雄田中澄江


今が人生の最終だという気持ちで、一日を大切に丁寧に取り組んでいます。(中山美穂、3月1日生まれ)

俺はずっと自分のことをアマチュアだと思っているんです。アマチュアでいない限り、ショービジネスになってしまい、アカが溜まっちゃうんですよね。
(かまやつひろし、3月1日に死去)

僕らが生きてゆくための知恵というものは、どれだけ進歩してますか。例えば論語以上の知恵が現代人にありますか。(小林秀雄、3月1日生まれ)

科学というのは、人間が思いついた能力の一つに過ぎないということを忘れてはいけない。(小林秀雄)

見ることは喋ることではない。言葉は目の邪魔になるものです。(小林秀雄)

現在の行動にばかりかまけていては、生きる意味が逃げてしまう。(小林秀雄)

人は極端に何かをやれば、必ず好きになるという性質を持っています。好きにならないというのがむしろ不思議です。(岡潔、3月1日生まれ)